すみれ保育園は、大阪市城東区古市に 1953年5月9日、定員100名の保育園として認可されました。1974年4月1日には園舎増改築と共に、地域の保育のニーズに応 え定員150名になりました。その後も、2000年0・1歳児定員を増やし、定員180名として現在に至っています。
子育て支援として、園庭開放、子育てアドバイザーによる子育て相談、一時保育事業にも取り組んでいます。このような 活動を通して、子どもたちが“ぐんぐん きらきら やさしく”育つことのできる環境を、保護者の皆様、地域の皆様に支 えられ、共に創っていきたいと考えます。



子どもたちは仲間とのあそびや生活の中で“ぐんぐん”と成長し、様々な体験を“ぐんぐん”吸収していきます。
それは与えられたあそびを消化するのではなく、創造的に意欲的に一生けんめいあそびこめる子どもであり、子ども の生活を自らすすめることができる、自立している子どもです。



子どもたちは瞳も表情もしぐさも“きらきら”輝いています。
それは強い足腰で指先までしなやかで、輝いていて、喜怒哀楽も自己主張も身いっぱいで表現できる子どもです。



子どもたちは“ぐんぐん”、“きらきら”と育つだけでなく、仲間に“やさしく”、動物にも“やさしく”、 それが地球にも“やさしく”と、知性あふれた人間として育ちます。それは仲間とのあそびや生活の中で、喜びや悲しみ、 また快感や痛みは自分だけでなく人にもあることが分かり、仲間や命を大切にして、自然や平和を愛することができる子 どもです。



私たちは、児童憲章、法人綱領のもとに子どもの人権を守り、発達する権利、保育・教育を受ける権利を保障します。 その理念に基づき、すみれ保育園処遇憲章を定めます。

1. 心身とも健やかな子どもを育てます。
1) 生活リズムを大切にし、丁寧に生活の流れを組み立て安定して自らの生活を進められるようにしていきます。
2) 健康で丈夫な身体の成長を願って食育をすすめます。
3) 各年齢にあった発達の課題(つけたい力)をあそびの中でしっかりとつけていきます。
4) 全身運動でしなやかな身体ときめこまやかな手指の操作の経験を積み重ねます。
5) いろいろなあそびや経験を通して、子どもの自発性、意欲、知的なことへの興味を育てていきます。
6) のびのびとした保育環境を整え、乳幼児期ならではの豊かな表現力を大切に育てます。
7) 友だちや動物、また地球にもやさしく、命や自然を大切にし、平和を愛する子どもを育てます。
8) お友だちと仲良くしたり、時にはけんかをする中で、人の思いに気づき、仲直りの仕方も体験を通して学び、 幼児期の心の育ちを大切に見守っていきます。

2. 安心して預け働ける保育園をめざします。
1) 保護者と子どもの成長をともに喜び合え、語り合える関係づくりに努めます。
2) 園での様子をいろいろな機会を通して伝えます。
3) 子育て情報や知恵を伝え、楽しく子育てができるよう援助します。
4) 保護者同士が仲良くなり、一緒に子育てができる関係づくりをします。
5) 保護者が生き生きと取り組める行事を豊かにしていきます。
6) 家庭と連携して子育てをすすめていきます。

3. 地域の子育ての輪を広げる保育園をめざします。
1) 園庭開放「アイアイらんど」や子育て相談を充実し、たくさんの親子に楽しく参加してもらい、保育園を 通して子育ての輪を広げます。
2) 地域通信「しあわせの鐘」で、子育ての情報を伝え、子育ての楽しさを届けます。
3) 専門性を高め、子育ての相談やカウンセリング活動を充実していきます。
4) 卒園した子どもと保護者のつながりを大切にし、同園会「すみれ会」を発展させていきます。

4. 働きがい、生きがいのある職場づくりをめざします。
1) 保育の理論を研鑽し、豊かな保育実践をして専門性を高め、仕事に対する生きがいをしっかりもてるようにします。
2) みんなが互いに意見を出し合い、決定したことを各自がやり遂げる職員集団をめざします。
3) 働きやすい職場づくりのため、労働条件の改善に努めます。


心身ともに健康な子ども
生活の主人公になれる子ども
強くしなやかで自分の身体をコントロールできる子ども
意欲的にあそべる子ども
身体いっぱいで表現できる子ども
仲間とともに育つ子ども
命を大切にし、平和を愛する子ども



1) 健康でしなやかな身体づくりをします。
   山登り、体育あそび、リズム運動、散歩、プール、雪あそび 等
2) 本物の文化に触れます。
   民舞、和太鼓、音楽鑑賞、人形劇、絵本、お茶会、陶芸、
   さおり織り 等
3) 命を育む食育をすすめます。
   旬の食材、安全な食材、食材展示、離乳食参観、アレルギー食、
   伝統食、クッキング、栽培、飯盒炊さん、さんまパーティー、大釜
   パーティー、和食バイキング、季節の行事を盛り込んだ献立、
   食育教室(ぶりの解体等) 等
4) 豊かな保育環境に努めます。
   発達に応じた良質の玩具、木の玩具、ごっこあそび、絵本ライブラリー
   体育遊具の充実 等









Copyright(c) 2010 sumirehoikuen. All rights reserved.